スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩:【蹴られた小石】

詩:【蹴られた小石】 作:結 麻月



横断歩道の手前側
たどる小さな小石の物語

子供は無意識に楽しく連れて
大人は邪魔ゆえ蹴り除ける

まったく因果として
人間の人生を見て追うようだ

興味を持たれ蹴られ石
まだ見ぬ場所への一歩を押され
どこまで行けるか嬉しく願うも
小さな短い旅である

すれ違う子5人に1人
選ばれ結ぶ運命は
人と大して変わらない

寄れば左に近づけ右に
歩んだ先にも難がある
まっすぐ進むも飽きられ止まる

じっと一生溶け込む人生よりも
幾分愉快なものだろう

何十億、何兆億
身を任せるだけの
たどり着く術を持たない小石の集まり

もしも自分が小石ならば
それでも旅がしたいと願うのか
願うも埋もれる人生なのか

生まれながらの魅力
蹴られず拾われる小石
それを羨ましく眺める

拾われ大事にされるのか
飽きて捨てられるのか

出会う数と恋する数
いろんな数があるけれど

求めてしまう気持ちがあるなら
やっぱり人と似てなくもない




スポンサーサイト

Comment

No title

ゆきさんへ>

いつもコメントありがとーございます!
いや~なにも普段は考えていない人間ですよ。私はw

なによしさんへ>

まぁw 可愛い絵文字・・・w(そこかいっ!)
綺麗な石とか絶対机の中にはいってたりするもんだったりしますよね。
ほんとに、どこかへいっちゃうもんなんですよねぇ。
いつもコメントありがとうございます。

ゆない。さんへ>

ぉぉぉ。また勿体無い言葉を。
今回みたいに気取って書くことはあまりないのです。
いつもは、切なくなったりひとりで寂しくなったときとかに詩を作るんで、衝動的な、単語の多い言葉や無理やり作った熟語など使うので、わかりづらいところもありますよね;
わたしは、ゆない。さんの飾ってない詩好きですよ^^

2011.11.13 (Sun) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

深い

結さんの詩は、いつも深いです。なにかを考えさせるメッセージ性がありますよね。とても心に響きます。思わず応援クリックをしてしまいます
よ!
ゆない。もこんな詩が書けたらなぁ、と日々思っています。

2011.11.12 (Sat) | ゆない。 #- | URL | 編集

No title

こんばんは!
なによしです。

またまたセンスが光っていますね!
小石を蹴って遊ぶのは、成人してからは恥ずかしい・・・なんて枠組みにとらわれて童心を忘れていた事を指摘されるようです!

石は、持ってくるなと言われたので、家にはこっそり大量にコンプリートしていましたよ(笑)
そしてっ!!石の中にダイヤっぽいのがあった石・・・!宝物にしてたのに・・・どこへ行っちゃったのー゚(゚´Д`゚)゚

応援ポチ(*´∀`*)

2011.11.10 (Thu) | なによし #- | URL | 編集

No title

小石蹴ってる子供見て思いました。

なんで子供は石蹴るのか。
聞いてみると、「たのしいから・・・」

大人には無い楽しさです。大人で小石蹴って楽しい人はきっとほぼ居ないでしょう。

じゃあなんで子供にそんな感情があるのか。
他に楽しさをしらないから? 暇だから? そんなのつまらないですね。

私はこう思いました。

小石が、小石なりの人生を持っていて、人間の子供の存在を必要と考えていたら、必然と子供は小石を蹴るのではないでしょうか。
(わかりやすく言うと、あれですね、食物連鎖や、綿毛を飛ばす風、そういう因果関係ですね)

そんな、くだらないことを考えて、一人で楽しんでいました。
(え! 暗い?w)

2011.11.09 (Wed) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

Post comment

Secret

Trackback

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。