スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩【別れの値段】



詩【別れの値段】 作:結 麻月




別れに値段が付くかしら


開放を求める物を手に訪れる


優しいあなたは知らない人


形にならない共感と頷く声


グラスの氷と艶めく瞳


逃げ出すように雫が落ちて


溶け出した想いは


暖かさに近く安らぎ震える


聞いてくれる人がいてくれる


救われるのは言葉か想いか


問われた先に広がる光明









スポンサーサイト

Comment

No title

こんにちは。
別れの値段・詩バージョン、いいですねー。
本編を読んだあとにこの詩を読むと、なんだかイメージが補完できたような気持ちになれました。頭の中に映像が浮かんできます。

結さんと小織さんの素敵な部分が合わさったコラボですね(^-^)

2011.11.09 (Wed) | 牡蠣ひろみ #- | URL | 編集

綺麗です

悲しくも、希望の見える素敵な詩ですね。
いつも素晴らしい詩で、感嘆してしまいます。

ところで、この前のお礼に、ゆない。が皆さんのために詩を書きました。拙作ですが、読んでやってください。

2011.11.08 (Tue) | ゆない。 #- | URL | 編集

No title

なによしです。

まるでbarでの出来事のような美しい詩にうっとり・・・・
言葉の一つ一つが綺麗です!!
別れの値段・・・・

発想も真新しくて素敵です(*´∀`*)

応援ポチっておきました。

2011.11.07 (Mon) | なによし #- | URL | 編集

ぱちぱち

第2章、まったく素敵v-10
心に染み渡る物語です。いい話で終るあたりが好きですね。
小織は、優しいからきっと優しい話が書けるんだろうな。っておもいます。イトコとして鼻が高い終り方でした。
BGMもいいね。すごく話と合っていていい感じだよ。
まぁ、サクッとですが、詩を作りました。頑張れ第3章。

2011.11.07 (Mon) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

Post comment

Secret

Trackback

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。