スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記です。

結です。まぁ、おなじみの勝手にいろいろユーチューブで紹介するコーナーですが。
私、個人的な話ですが、初音ミクって曲であって歌じゃないような気がして、聞かず嫌いでした。
ところが、たまたま参加した心理学・感情論の特別課外講義での紹介での話なんですが、機械に心があったらみたいな話になり、すぐそこまで時代は来ています。みたいな話になり、最終的に初音ミクの話になりました(なぜ……)。
たまたま見て欲しいといわれて、素直に見てみて呆然。
いや、驚愕というべきでしょうか。

一言に素晴らしかった~(スゲェス!ワラ) ごめんなさい(怯)。いままで聞かなくて。
何でしょう音楽はカッコイイのは知っていましたが、声が最初は聴きなれない電子音なので違和感あって聞かなかった現在。ですが、聞きなれると中毒性が現れます……怖ろしいアーティストでした。

あとは、バカにしていた歌詞ですね。ネギだか電波語(勝手にいってる)等、響いてこない言葉が多いのだと勝手に決め付けていた結。最低でした。聞くほどに歌詞の奥深さ、ただただ感嘆いたしました。
ごめんなさい。初音ミクさん。あなたは立派に日本中の心を掴む言葉を生み出していたのですね。
と、いうわけでメルトやぽっぴっぽーなど有名な曲がある中で、いっぱいあるその中でもいちばん好きな
初音ミクの消失を下に載せました。
最高速の別れの歌です。ちなみに後々、知ったのですが、初音ミクって全米でランキング内に入るほどに人気らしいですね……それも知らなかった。はい。ごめんなさい。


スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

Trackback

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。