スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【別れの値段】2話:無常

朝目が覚めたとき、ぽっかりと心に穴が空いてしまった様。
いつの間にか寝ていた僕は肌寒い冬の静けさに目が覚めた。
僕の何がいけなかったのかをもう一度考えて目を瞑ると、昨日の彼女の顔が思い浮かぶ。
 
“別れ”というそれが僕に治す薬のない深い深い毒を残したのだ。

車に置かれた香水のにおい
ふたりで語り合った大好きなアーティストのCD
ペアで買ったリングが横たわり
借りたまま返せなくなったゲームとか本もまた行き場を失う。
君の欠片が今では存在のないものが……形だけを残している様だ。

「ねぇ……もぅ何もなくなっちゃったよ……」

いつもどおりの朝の鳥たちの声の中。
僕は、彼女との思い出の写真を綴じた小さなアルバムを横目にし、
それを開こうとせずに、あたかもそれが彼女本人であるかのようにそう独り言を口にした。

僕はやっと彼女が僕のすべてだったって事を実感し、くしゃくしゃに強く笑う笑顔とか、たまに言うつまらない冗談とか、一部となって焼きつき、未練は残った。

性懲りもなく僕はメールを入れる。

――昨日は…ごめんね
――僕は、すごく身勝手で
――すごく自分勝手で嫌な彼氏だったと思う

この文章を作り、また泣くのは僕が泣き虫だからではなくて
本当はけして書きたくないを終わりの言葉を送らなければいけないからなのだろう。

――いままで僕は、とても幸せでした
――最高の恋愛をさせてくれてありがとう
――君のことを悪く言うやつがいたら僕が必ず守るから
――安心していいんだよ
――君は幸せになれるからね

……。
……言葉もなく
保身とか、プライドが高いからこういう言葉を言ったんではなくて、
いい人であったと思ってもらいたいから言ったんではない。
あわよくば、戻ってきてくれたらいいなんてそういう期待を込めたわけでもないんだ。

他にも伝えたい言葉は、あるのだけれど
ただ僕は、彼女が付き合ってから始めて僕に見せたあの最後の
ほんとうに……辛そうで今にもどこか崩れてしまいそうな昨日の夜の苦しい笑顔が
 
ほんの少しでも明るく和らぐようならって
そんな最後の手助けができたらって、そんなことを考えたりした。

雲に架かる冬のさえ冴えとした空気の和橋が、不思議とさわやかに変わった朝の言葉。
彼女からの返信は、長く感じた5分後に静かに届いた一行。

ごめんね……のたった一言。


続く:第3話“こんな店…があったんだ…”
スポンサーサイト

Comment

ゆない。さんへ。

嬉しい感想残してもらって幸せです。
そんなことないっすよ。僕はあまり文章上手くないですし。でも読んでくる方がいると救われます。ありがとう。

なんかちょっとしたプロジェク化しているサイトでややこしいですが、仲良くしてやってください。今後もお互いに(ペコリ)

2011.11.02 (Wed) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

こちらも

こちらも読ませていただきます!
というか、小織さん、はじめまして(?)!
なんとも切ない始まり方で、これからが気になりますね。描写もところどころ素敵なところがあって、勉強になりました。
また来ますね!

2011.10.30 (Sun) | ゆない。 #- | URL | 編集

なるほど

うん。二人の関係の深さは、できる限り読者に想像させたい。名前をつけないのは、共感させたいって言うよりは、同調させたいって意図です。

かっこいい別れってよりは、未練たらたらに書きたかったです。まぁ1,2話はいわば主人公に未練のある別れが起こりましたってのを感じてほしい序章だから。

感想評価は嬉しいが、お前も詩やら物語やらいい加減かけや!(ツッコミ

2011.08.24 (Wed) | コオリ #wVIA9fBs | URL | 編集

第2話まで:感想

主人公の台詞・行動がくさいのはコオリらしいと認識しました。
でも言い文がちょっと古いな。わかりづらい表現も2点ある。
切なさとか辛さがものすごい出てて、読み手によっては、「私もこういう別れの経験ある!」とかそういう共感は得られそう。
改行が多いのは、小説がブログだからの見せ方だろうか?読みやすいけど、原稿文にはしづらいでしょ(笑)
描写が多いけど、台詞が少なすぎて、早読み者にはまだ感想もかけない状態。
読み手に共感を持ってほしい描写が多いのに、いままでの二人の関係が浅いのか深いのかわからない。
コオリらしいといえばそうだけど、一人称だけあって文章はかっこいい声優とか切ないピアノのBGMとか哀しく流したくなります。結構好き。

主人公に名前が無いのは、つけないつもりなのかな?(一人称だから名前付けないと、こういう小説は、第三者的に読んでいけないので、自分に置き換えて主人公の考え方、生き方に同調した人しか、続きを読まないと思います)
気持ちが入っている文章だなぁって印象がとても強い。
でも、かなりおもしろいよ^^Fantasyになるのか、それとも、experience.を目指すのか。
3話に期待☆
朝起きたから読んだ。
いつかいろんな人の感想が聞けるといいね^^

2011.08.24 (Wed) | 結 #wVIA9fBs | URL | 編集

Post comment

Secret

Trackback

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。