スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩:【新しい季節】

【新しい季節】 作詞:結 麻月


水渉る燈を見つめて
香る次の季節を扱う

今を置き去りにして
加速して駆け巡る

ため息 その距離に
寂しい孤独を
考えてしまうのは なぜ

今日は何をしよう
昨日と違うことをしてみようか

普段より近くに寄り添ったり
公園で本でも読んだり

息を切らして全力で走るより
簡単な非日常だもの

見えない運命の糸
ちょっとのすれ違いで絡まって
わからなくなるけど

距離を縮めるのは笑顔
見渡してみなよ

周りはどこでも
どこを見ても
ほら 人ばかりだろう

よくがんばったね
明日はもーっといい日になるといいね


スポンサーサイト

Comment

いいものだなんて;

ひまりさんへ>

嬉しい言葉残していただいてありがとうございます。
繊細なんかじゃないですよっ(焦

本当に読んでくれてありがとうございます。
励みになります。

2011.09.24 (Sat) | 結 麻月 #ET2edvwM | URL | 編集

こんにちは☆

初訪問させていただきました。(#^.^#)

文章がとても繊細で綺麗ですね☆☆☆

良いものを読ませていただいて、有難うございます♪♪♪

2011.09.23 (Fri) | ひまり #- | URL | 編集

Post comment

Secret

Trackback

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。