スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼文:【小さいカスミとじーちゃんの梨】

テーマ:実りの秋

題:【小さいカスミとじーちゃんの梨】 作者:結 麻月 


まだまだちいさいカスミはおじいちゃんがだいすき。
なんでもしってるおじいちゃん。

「じーちゃん」
「どうしたぃ? カスミ」
「どーしてナシの木は、実があるのにナシって言うの?」
「中が白いからじゃよ」

とおくとおく広がる梨の木の下。
小さく広げてベンチにすわる。
もらったダイコンとトマトがいっしょに笑うちっちゃいベンチ。

「じーちゃん」
「なんだぃ?」

おっきくおっきく広がる梨の木の下で
カスミはおじいちゃんに聞きました。

「どーしてじーちゃんは、ナシをつくってるの?」

おじいちゃんは笑顔でカスミにいいました。

「木の下はすずしいじゃろぅ。これはな、じいちゃんのおっきな日傘」
「日傘?」
「そうじゃとも。じいちゃんの大切な日傘じゃよ」


とおくとおく低く広がる梨の木。
やさしい秋のおじいちゃんのみどりの日傘
それは、あつい太陽をやさしくかえた。

おじいちゃんのまがったせなか。
ちょうど歩けるおじいちゃんの高さの低めの日傘

まだちいさいカスミはおじいちゃんに聞きたいことがたくさんあります。

「ねぇ、じいちゃん!」
「なんじゃぃ?」
「なんで、わたしはカスミなの?」

おじいちゃんは少し考えていいました。

「ナシの花をみたことあるかい?」

カスミはナシの花をみたことがありません。
そこでカスミはおじいちゃんにいいました。

「どんなお花なの?」
「カスミがおっきくなったようなきれいな花じゃよ」

おじいちゃんはカスミにそういうと。
おっきいナシをカゴいっぱいにくれました。

カスミはおじいちゃんが言ったことがわかりませんでした。
家にかえるまでのカゴのナシはおっきくゴロゴロ
カスミにとってすごいおもたくずしずしと。 
おみやげのおじいちゃんのナシ。
すごくあまくておいしいだいすきなおじいちゃんのナシ。

おうちにかえったカスミはママに聞きます。

「なんで、わたしの名前はカスミなの?」
「前にも言ったでしょ? おじいちゃんが好きな花の名前だからよ」

おじいちゃんの好きなカスミ草のお花。
でもおじいちゃんは、ナシがだいすき。
ナシにも花があるのになんで、カスミなんだろう。

「なんで、ナシの花じゃないのかな?」
「なんでだろうね~。おじいちゃんに聞いてごらんなさい」

またおじいちゃんのナシの下。
おじいちゃんはいつもここ。
雨の日もあつい日もおじいちゃんは傘の中。

「じぃーちゃん!」
「またきたのかい」
「なんで、カスミはナシじゃないの?」

おじいちゃんは、カスミがそういうと。

「がっはっは。それを聞きにきたのか」

と声に出して笑って、カスミにいいました。

「ナシの花はそれはそれはきれいでな、じいちゃんのいちばん大好きな花」

風にそよぐ満開の真っ白な花。

「ナシの花は、春に咲くのじゃよ」

すずしい春に綿毛のように白く多く咲くお花。

「でな、カスミの、カスミ草の花はな……」

カスミが生まれた日に、おじいちゃんは俳句を書いた。

「カスミは夏咲くじゃよ。秋にナシがおいしいく実る“実りの秋”まで長くながーく咲いてくれるのじゃよ」

ママは、その俳句が好きになり、カスミと名付けた。
おおきくなってカスミが何気なく開いたおじいちゃんの部屋の花のずかん。
貼られたふせんがふたつ
だいじにだいじにカスミとナシ。

大好きだったおじいちゃんとナシ。
カスミとおじいちゃんがずっとつながってるみたいだねって笑って近く。

毎年変わらずおじいちゃんの日傘は秋においしい実をつける。
おじいちゃんのお墓にそっと大好きなナシを添えて

「ほんとにナシの花は、おっきくなった私みたいだね、じいちゃん」

と大きくなったカスミは言った。




初孫感嘆に一生の幸せを願う俳句

――春咲いて 霞繋ぎし 秋の梨



カスミの花

ナシの花


終わり。









スポンサーサイト

Comment

星乃瑠璃さんへ

存じております^^コメントは無理されずに。
読んでくれただけでも嬉しいので。嬉しい感想ありがとうございます。
この話は、牡蠣さんとの共通お題で作ったのですが、けっこうほっこりする感じでかけたとおもっています。
またぜひ遊びに来てください☆結でした。

2011.11.01 (Tue) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

はじめまして。

 以前コメントをいただいた者です。
 お礼に来ようと思っていたのですが、遅くなり申し訳ありません。

 カスミとおじいちゃんのお話、読ませていただきました。
 とても素敵なお話ですね。
 小さいカスミちゃんが無邪気で、とても愛らしかったです。
 おじいちゃんも、カスミちゃんn質問に対する答えが、いちいち不思議で、でもなんだか心に残りました。
 最後のシーン、おじいちゃんが亡くなってしまったようですが……不思議と悲しくはなりませんでした。
 おじいちゃんは彼女に、大切なものを残してくれたのでしょうね。
 

 また近いうちに、読みに伺わせて頂きます。
 素敵な小説をありがとうございました!

2011.10.31 (Mon) | 星乃瑠璃 #- | URL | 編集

grhoさん。fateさんへ

grhoさんへ>

秋の話を牡蠣さんと一緒に書いていて難しいなとおもってました。
外を歩くとやっぱり空気が秋を醸し出していて、ああ。夏もあっというまだったなぁと思わされます。

子供でもわかる心あったまるお話を作れたらないいなぁとおもっています。いつも訪問・感想ありがとうございます!
いつも訪問させてもらい作品をよんでます。いいなぁと思う表現も多くて勉強になりますvありがとうございます


fateさんへ>

感嘆させれるような内容ではないですっ(焦
おじいちゃんと子供の掛け合いはほっこりしますv
好きだと言わなくても好きだと伝わるそんなあったかいストーリーが作れたらいいなぁとおもいます。
ぜひ、またお越しください!大歓迎ですっ

2011.10.13 (Thu) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

素敵でした。

童話なんて絶対描けないfateはただただ感嘆させていただきました!
あったかいとかほんわかしていると言うより、心が震える感じでした。
家族の絆とか、何気ない日常の温かさ大切さ、そして続いていくことへの追慕というのか。
本当に良い光景です。
日本の農村に永遠にあって欲しい風景でした。

2011.10.12 (Wed) | fate #- | URL | 編集

読みました~

こんにちは。
前日は訪問ありがとうございました。
というわけで読ませていただきました……。

なんだか、ほっこりするお話ですね。
二人の会話が微笑ましく、地の分のリズムが不思議と心地よく、良い雰囲気を醸し出していたと思います。

読み終わって、さぁ花の写真を調べようと思ったら、その下にまだありました……。
見て納得。
確かに成長したような花ですね。
なんだか、こういった何気ないつながりのようなものを用いた作品は大好きです。

そして俳句。
いい締め方だったと思います。
自分もじいちゃんになったあかつきには、ぜひ孫の生まれた日に俳句を書こうと思いました……。
その為に、今から修行をせねばなりませんね。

ちょっと気になった(意識されていたのかもしれませんが)のは、文章で「~の~の~の」のように、みっつほど「の」が混在するものがいくつかあり、読みにくいと思いました。
せっかくのリズムが崩れてしまいますし、あまり日度に修飾がつくと、自分には想像が追い付かなくなってしまいました。
ちょっとした改善点かと思います。

そのほか、リズムのある文章など、自分の目指しているものの一つだったので、大変参考にもなりつつ、楽しませていただきました。

ではではっ
これからもがんばってください!
以上必要以上に長い感想を書く人ことgrhoでした。

2011.09.21 (Wed) | grho #q82EIZRs | URL | 編集

らとびさんへ>

コメありがとうございます!
挿絵は、本当に難しい。なんども入れようとはおもったのですが、まったくどうも絵の才能がなく作品を汚すのではと恐れてしまう心の弱さ……(笑

でも、絵本作りは好きです。
ぜひ参考に挿絵でも描いてみたいと思います。

2011.09.12 (Mon) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

はじめまして、訪問ありがとうございました^^
祖父大好き人間なので、このお話を読んでいてすごく心が温かくなりました。最後に俳句があるのも素敵です。また遊びに来ますね。

他のお話も、絵葉書みたいな絵を挿絵に絵本にしたらきっと合うようなお話だなあと拝見させていただきました。

2011.09.12 (Mon) | らとび #- | URL | 編集

ライラさんありがとう^^

ライラさんへ>

丁寧なコメント嬉しいです^^
わたしは、小説はあまり得意では喜んでいただけたなら、すごく嬉しいです♪(にこにこ)

ナシを作っているおじいさんを見かけて、なんか
書きたくなった話です。秋といういいお題をいただけてよかった(幸

2011.09.12 (Mon) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

カスミと梨がそこでつながると思いませんでした。
名前の由来から愛情を感じます。
生命のつながりや繁栄を暗に伝えてくれている印象も受けました。
心あたたまる作品です!

2011.09.11 (Sun) | ライラ #zgABEEZ2 | URL | 編集

牡蠣さん>

読んでいただいてありがとうございます^^
小織が、もどったらぜひまたお題をしましょう。

牡蠣さんの作品も出来たら見に行きます~♪

2011.09.11 (Sun) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

こんにちは。
実りの秋にされたのですね~。すごく温かいお話で、癒されました(*^-^*)

カスミソウは好きですが、カスミの花自体はあまり見たことがありませんでした。梨の花と似ているんですね~。

俳句でしめる終わり方にやられました。素敵です!
私も頑張って考えますね~

2011.09.10 (Sat) | 牡蠣ひろみ #- | URL | 編集

実りの秋です。

童話というには、すこし話の内容に欠けますので
幼文とさせてもらいました。

一つのものがたりとしても読めるとおもって書きましたが、いや、結構~秋って考えましたが難しいですね(笑)

読んで、「へぇ~」と思っていただけたら光栄です。

ぜひ、見られた方は、牡蠣さんも同テーマで書けたら書いてくれるという話でしたので、ぜひに^^
ちなみに、結は、果物では梨がいちばん好きです。

2011.09.09 (Fri) | 結 麻月 #wVIA9fBs | URL | 編集

Post comment

Secret

Trackback

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。