スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【別れの値段】最終話

第43話【心から湧き出た涙のいずみ】




心が、これからどうすればいいのだろうと、行き場を探しまわる。
いずみの部屋に入ったのは小学校の卒業式以来の事となる。
僕に、諸田さんが後ろから近づき話しかけた。

「不思議だろう? まるで、居なくなることがわかっていたように綺麗なんだ……」

シンセサイザーの上に置かれたランドセルが二つ。
いつのまにか無くなっていたあのランドセル。
そういえば、小学校の卒業式にいずみが捨てるなら頂戴といって僕のをそのまま持っていったんだった。

「はは、思ったより綺麗だったんだな……ランドセルって」

もっとボロボロだと思っていた。
荒く使い込んだランドセルは、あの頃の傷を今もまだ綺麗に残している。
となりには、並んでとった写真。写真の僕はめんどくさそうな顔をして下を向いている。
写真の中のいずみは、僕よりも身長がすこし高くて、嬉しそうにカメラをまっすぐ見つめて僕の手を握っていた。
いずみは、日記をつけるような女ではない。といっては失礼か……。
あまり手紙を書くような女ではないのだ。大事にいろんなものを取っておくようなタイプでもない。
そのためか、やたらといずみの部屋には物が少なかった。このあたりは、子供の頃と変わらない。
文芸で使う本や毛糸、ミシンなどが綺麗に部屋の隅に置かれていて、机はたためるタイプのもので脚を折って窓の下に。クローゼットには、洋服や化粧箱。まったく、可愛げのないシンプルな部屋だ。
そのため、ひどくランドセルと、写真立が目立ってしまう。

後ろで洋服を箱にまとめなおしていた諸田さんが声をあげた。

「ん? なんだこれ」

諸田さんが取り出したのは、クッキーとかが良く入っているような四角い缶。
あけてみると、写真だらけの中に、3枚の手紙が含まれていた。
手紙の封筒の宛名は、僕宛だった。僕は諸田さんからそれを受け取り読んだ。

『拓也へ……』

いまだかつていずみから、手紙をもらった事はない。メモ書きや交換ノートなどをしたことはあるが、丁寧に宛先を書いた文書など受け取った事はないのだ。

『拓也へ。心をこめて作ってみました』

……。一通目に描かれていた文字はそれだけだった。
二通目の手紙を開く。

『去年は、チロルチョコでごめんね……今年は頑張って作ってみたの。葉桜さんのよりきっと美味しいよ』

……。二通目の内容で想像できた。
これは、きっと僕に渡すことができなかった気持ちだ。
2通目を優しく折りなおし、最後の手紙の封をあける。

『……言えない気持ちを文章にしかできない私は臆病です。でも、怖いの。拓也に彼女ができるたびに苦しくて、だから、こうして手紙にいやな気持ちを書いてしまうことを許してください。』

3通目は、いずみの心そのものだった。

『……私は、拓也のことが好きみたいです。ずっと……好きだったみたいです。拓也のお嫁さんになりたいって思っています。私は、顔が可愛くなくて人見知りで、地味で足も短くて……何一つとして拓也に吊り合っている部分がないの。子供ができても可愛くない遺伝子が受け継がれるかもしれません……でもやっぱり、どうしても離れたくないの』

手紙の文字が歪んで乾いたように収縮している。涙のあとだろうか。

『……たとえ、拓也が遠くに行ってしまっても』

――離れていったのは……お前じゃないか……

『たとえ、世界が滅んでも、私は拓也のことが好きだよ』

――返事が……いずみのもとに返事を届けたい

僕は心のそこから湧き出る涙を流した。いずみが死んで……やっと流せた涙。
それはいずみの死を悲しむ気持ちも含んだ、遅すぎた悔し涙。
ゼロ距離のものが一瞬で跡形も無くなったことがやっと自分で実感してわかった。
手紙を震えるように握り締め、えずくように泣く。
流れた涙が地を這いずりまわる。
どうか許してくれないか。だれか助けてくれないか……。
彼女を不幸にしたまま逝かせた僕をだれか責めてくれないか……。

千佳さん……おふくろ……葉桜……先輩……。
おやじ……あにき……諸田さん……。

「諸田さん……俺だけだった……俺だけしかいずみを幸せにしてあげることができなかった……」

諸田さんが、僕の頭を大事そうにその腕で包み込んだ。

「ありがとな……泣いてくれてありがとう」

つられるように諸田さんも泣いていた。
本当にこの悲しみは幾日かが過ぎたときに静まるのだろうか。
今は、ただ泣く事が許される場所でいずみの事を想っていたい……。


------------------------


最終話【別れの値段】



僕が、あの店を再度訪れたのは、あの日からだいぶ、日が経ってからの事。
まだいずみが死んだ事を引きずっている。
千佳は、電話で、その事をわかってくれて、“無理しないでいいから”と言ってくれた。
かといって放置し続けるほど僕も廃れていない。
いずみの事があって、千佳に対する覚醒し始めていたはずの猛烈な恋がやんわりと息を潜めた。

僕が、こういう気持ちのときに、だれかに対して優しくしたくなるのは、きっと優しくされたからだろう。
あのときの癒しが、結びつくように僕に求め言う。
人は辛いときに心を開放する場所を探す生き物だと。

カランカラン。
店のドアが開く。あけたのは僕。鼻で小さくため息を吐いて静かに入店する。
そこは、安らかな場所。

辛い気持ち、嫌な気持ち、幸せな気持ち、哀しい気持ちの形ずく場所。

「おかえり、拓也君」
「ただいま……千佳さん」

僕にとって安らげる場所。人に優しくできる場所。

「大丈夫? 拓也君」
「はい。おかげさまで」
「そう……無理しないでね」
「あの……千佳さん」
「ん? どうしたの?」
「あの……この店に僕より辛い別れをした人はここにいつかやってくるかな?」

黙ったまま千佳は、いつものようにミルクの多いコーヒーを入れ、それを机において、椅子を引く。

「座って。拓也君……」

僕は、ひかれた椅子に座りコーヒーのふちをなぞるように視線を千佳へ。
あの時、初めてこの店にきた時とは違う。気持ちの誤作動が不安定にその異常を警告する。
千佳には、電話で幼馴染が事故にあって傷心しているのでバイトを休むとしか伝えていなかったのに。
千佳は目が会うとすべてをわかっているかのように優しく微笑み、言った。

「きっと、拓也君が感じた別れは、だれのものよりも悲しいよ……」
「……」
「同じで……みんなも、私の辛さもだれのものよりも大きい……」
「はい……」

――あなたの別れの思い出の品に“値段”をつけます。

今の僕の価値観はきっと、前よりも深い。
誰と比べるものではないことをきっと心の中で理解しているつもりでも共感できるか不安だ。
それでも、ここに別れを売りに来る人は不思議と絶えない。

「もし、拓也君のその別れに納得がいく値段を自分でつけることができて……」
「……」
「……拓也君がその辛さを少しだけでも忘れることができたら、デート……しよっ」

小さい子を慰めるように千佳は言う。それが僕にはかき集めたくなるほどの優しいの欠片だった。
僕は、ふふっと笑い千佳に言う。

「今の俺、冗談で聞き流せないですよ? そういうの」
「うん……いつか一緒に」
「あー!!! 辛い! 重い! 心って重いよ、千佳さん」
「ふふ……今日はずっと聞いてあげる。話してくれますか? その“心”の思い出を……」

そのあとの事だが、珍しく千佳は僕がいなかった期間を指して“寂しかった”とぽつり言葉にした。
それから、僕は大学を卒業して就職をする。たった3ヶ月の事。
就職してからも、さまざまな人と出会い、様々な恋や話を聞く。
休日に、暇をとって続けている不思議なお店のアルバイトは、僕にとって大事な心との出会いの場所。

別れの値段をつけることができない僕は、辛さを忘れるために辛さを求める。

開放される悲しみを他人に求めるのは到底無理であり、卑怯かもしれない。

でもさ世の中さ……辛い事があるとだれでもいいからわかって欲しくなるだろう。

だれでもいいから、一緒に泣いて欲しかったり。

うんうん。ってそばで頷いて聞いてくれる人がいるだけで救われたりさ。

すごくすごく別れは誰かを求めていて……けして離れる事はない。

心に残った一番大切な想い

あなたがとても辛い気持ちになったとき……もしもこんなお店が近くにあったのなら。

あなたは何からの“救い”を求めにいくのでしょうか……。

伝えたいのはどうにもならなくなった希望。叶わない夢。自分の価値観と天秤。

どうする事もできないと分かち合うのは人の作り出した美しい言葉。

価値の無い過去はない。

あなたがどれだけそれを大事に自分で保っていられるか……それだけなのかもしれない。

あるんだ。形は違うけれどみんなにも。

お金よりも大事なもの……自分にもそれがある事……実感できる場所……。

それを僕は……もう少し探してみるつもりだ。

−−あなたの大切な思い出を、大事なお金にしませんか?

カランカラン。
『ここはあなたの別れを買うお店です。』

Price parting……



<完>

スポンサーサイト

Comment

けいさんへ!!

人って良いですねぇ~~
人の数だけ色々あって、同時進行していることの壮大さを感じます。

↑この言葉めちゃ嬉しかったですです。
出て来た人物全員の別れの話を連ねたいのが本音ですが、それはまたべつのはなしとしましょう^^

文芸部の4人の話とか凪先輩視線で、番外編でいつかかいてみたいなっておもいますね(笑 凪先輩も一人の男。きっと切ないはなしがあるかとおもいます(苦笑

最初から最後まで読んでいただいてほんとにありがとうございます!面白かったって言ってくれるのが救いでしたw更新も早いほうではありませんが、できる限りしますので、またこれからもよろしくお願いします。

2012.05.06 (Sun) | 小織 悠 #- | URL | 編集

No title

拓也くんしかいずみちゃんを幸せにしてあげることができなかったのかぁ~~うわぁ~ん(イミフですいません)

あぁ~~・・・人って良いですねぇ~~
人の数だけ色々あって、同時進行していることの壮大さを感じます。

拓也くんの探すものが千佳ちゃんにあって、千佳ちゃんの悲しみが拓也くんで癒されて・・・なんて今後を勝手に期待しちゃいます。。。

久々に一気読みしたお話でした。途中、どうでも良いことの呟きを残してしまってすいません。

とっても素敵なお話でした。読了。

2012.05.03 (Thu) | けい #- | URL | 編集

牡蠣ひろみさんへ

ぎゃわー!!!恥ずかしすぎる!
ぼ、僕がいつ葉桜さんみたいなひとが好きだといいましたか!? ひえええ!(叫 鋭すぎるっ!!!

牡蠣さんも忙しそうですね^^いつも読んでいただいて感謝しきれませんです。

そうですね、僕の中では、一途な子ほど、不幸なイメージがあります。でも、幸薄で儚げな気持ちや人情っていうのはほんとうに魅力的な感傷深いものだと思っています。読んで心がほっこりする話をこれからもお互い作っていましょう^^
落ち着いたら新作書きます!ぜひ寝る前の5分くらいでいいのでまた読みにきてください♪

2012.04.26 (Thu) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

fateさんへ

あわわ。こんなに丁寧に感想をまとめていただいて><
しかも褒めちぎっているじゃないですか!?ひええぇ。
コメント読んでて幸せになりました~。
そうですね^^もっと厚みがある話になって、誤字脱字を無くせたら、小冊子にして作ってみてもいいかもですね。
たぶんですが、fateさんと僕、かなり似ている部分がありそうです(笑 いや・・・でも僕には文才がない・・。
仕事が落ち着き次第、新作つくりますので、また読んでください^^あ!
もしもティッシュが必要なら、安物のティッシュでよければ送ります(笑

ほんとにありがとうございます!

2012.04.26 (Thu) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

ゆきさんへ

はじめまして。最後まで読んでもらって嬉しいです。
そうですね、シリアスなので嫌いな人も読んでいてつまらないかとおもいます。
ドラマ風に読んでいただけたことがまず嬉しいです。
ありがとうございます^^また読んでやってください!

2012.04.26 (Thu) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

コマネコ氏へ

ええ。葉桜ファンクラブを作ろうと思います(ぉぃ。
いずみちゃんに関しては、ほんとすみません。
幼馴染を・・・なくすというのはとても許されるものではないですよね(怖
もう、なんだか、すみません(笑

2012.04.26 (Thu) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

はなれさんへ

感想見るの遅くなりすみません。
ありがとうございます~メールまで送っていただいてほんと励みになりました。
もう、なんかほんとすみません!

2012.04.26 (Thu) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

遅ればせながら読了。

こんにちは。遅くなりましたが、最後まで読ませて頂きました。

どの章もそれぞれ雰囲気があって好きですが、特に葉桜さんといずみちゃんがどちらも魅力的に描かれており、興味深く読みました。
なんとなく、小織さんの好きな女性のタイプが分かるような気がしますね(笑)

初回から読んできたので終わってしまうのは寂しいですが、また新たなテイストの物語を楽しみに待ってます!
私も更新がんばります(汗)

2012.04.26 (Thu) | 牡蠣ひろみ #- | URL | 編集

やはり…

というか、一個前は予想通りティッシュが必要でした~(^^;
すんません、気持ち悪くて~
へへへへ。
何気に、fateくんは涙もろいのダ。

人物の背景、その人となりなど、ものすごく華麗に丁寧に設定・構築されていて、リアルに入り込み易く、感情移入し易かったっす!
いや、今更改めて申し上げることでもないですが。
(今まで散々騒ぎまくりましたので~)
ヤクザの父さんのエピソードは今思い出してもまだ泣けそうです。
恋愛モノも切ないですが、父娘モノってものすごくキツい。なんでやろ? いや、単に描き手が男性で、いずれ父親になる人(え? もしかしてパパっすか? そういえば、結さんは、順調でしょうか!!)だからだろうか。
男性心理がぐいぐい伝わってきました。
なのに、いずみちゃん。彼女の乙女心もものすごく分かる。
こういう子って、最後に願うのは一つ。
「自分の‘死’を悲しまないで」
分かります。
生きていた理由・意味・希望すべてがその人の存在に寄って成り立っていたとき、最後に願うのは、愛する相手の心の安らぎであろうと思います。それが例え自分の死であっても、その人を苦しめたくない。
ああああ、fateはそういう‘女の子’が好きだ~~!!!
彼女の心が奏でる透明なメロディ。それはなんというか、ハープ? 吟遊詩人が奏でる淡い優しい旋律というより、小鳥のさえずりや花の香りのような気がする。
そういう淡やかで悲しくも美しい色がこの世界全体を覆ってました!

欲を言えば、「どうか許してくれないか。だれか助けてくれないか……。
彼女を不幸にしたまま逝かせた僕をだれか責めてくれないか……。」
↑これの答えがほのかにでも聞きたかった。
彼自身からでも、天国のいずみさんからでも、千佳さんからでも良い。
そんな贅沢を想ったfateであった。

とにかく、泣きっぱなしの世界でした。
これ、小冊子にでもまとめる機会がございましたら、fateにも一冊売ってください。
それくら、クオリティ高くて素晴らしかった!
こうやって、出版願いを勝手に出させていただいた作家さんは、4人目くらいでしょうか~(^^;
はははは。
いや、マジで欲しいっす。
そのときは、サイン入りで「fateさんへ」と一言添えてよろしくです!!!

ええとぉ。次作は、もう少しお手柔らかにお願いします(^^;
安物のティッシュって鼻が痛くなるんです(--;
なんちゃって。
でも、こういう透明度の高い作品は大好きですので、ご期待申し上げます~

ああああ、無駄に長文! 失礼いたしました(^^;

2012.04.19 (Thu) | fate #- | URL | 編集

完結ありがとう

はじめまして。v-11すごく台詞まわしが、好きでした!
完結するか不安で読んでました。隠しエピソードなども、読んでみたいですわ。シリアスで重い話でしたが、ドラマみてるみたいで繊細で良いと思います、これからも頑張ってください!

2012.04.16 (Mon) | ゆき #/02qLiNA | URL | 編集

完結おめでとうございます

(*_*)葉桜さんの過去の話がほんと好きです。てか何故に、イズミちゃん殺したし(T_T)せつないよ~

2012.04.16 (Mon) | コマネコ #3/2tU3w2 | URL | 編集

別れの値段完結おめでとうございます。

はじめまして。度々足を運んでいました。
いろいろ考えさせられる気持ちになりました。中学校の頃の女の子の話が私とだぶって泣きました。
自作も応援しています。

2012.04.16 (Mon) | はなれ #- | URL | 編集

完結しました。

長く見て読んでくれた方、ほんとありがとうございます。思えば、このサイトを設立して、最初のお題がなぜか【別れ】。おいおいとおもったものです。
雑な文章で、誤字もあり読んでくれた人にちゃんと世界観が伝わったのか、ほんとにわかりませんが、応援もあり完結いたしました。ありがとうございます。
叙情的で、まわりくどく言い回しも飽きるものであったかと思います。もっと勉強して、響くものが書ければいいなって思います。コメントくれた方、メッセージで応援してくれた方、ありがとうございました。
泣いたよー!とかのコメントが地味にかなり嬉しかったです。修正リンクなどの作業もこれからだんだんしますね。そして、次はラノベっぽいのをかいてみようと思います。ギャグは苦手なのであれですが・・・でも別れの値段はシリアスなので、好き嫌いも別れるかもしれませんね;、読む必要の無い小説の続きも頑張ります。
これからも、請謁ながら応援よろしくおねがいします。

2012.04.16 (Mon) | 小織 悠 #wVIA9fBs | URL | 編集

Post comment

Secret

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第43話【心から湧き出た涙のいずみ】心が、これからどうすればいいのだろうと、行き場を探しまわる。いみの部屋に入ったのは小学校依頼初めての事となる。僕に、諸田さんが後ろから

2012.04.16 (Mon) | まとめwoネタ速suru

✬❀ランキング参加中❀✬

メールフォーム

プロフィール

カテゴリ

最新コメント

見にきてくれた人の数

リンク

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。